• HOME
  • イベント
  • 医学・看護学生のための臨床以外のキャリアを考えるセミナー Vol.2 終了しました!

医学・看護学生のための臨床以外のキャリアを考えるセミナー Vol.2 終了しました!

イベント

#メドキャリ 医学・看護学生のための臨床以外のキャリアを考えるセミナー Vol.2 終了しました!

▶︎朝9時の渋谷、100人以上の熱気

全国(福井とか山形とか…)から、100人以上の医学生、看護学生、社会人が集まった今回のイベント。
第1回から変わらず、テーマは一貫して「医療人のキャリアの多様性」、そして「横のつながりをつくる」こと。

雪がちらつき寒い中、朝9時から会場はものすごい熱気に包まれました。

‘‘病院で働くことだけが、将来のキャリアじゃない。’’

そう考えるのは自分だけではないといこと、そしてキャリアについて本気で語りあえること。

すごく幸せだなと思った1日でした。

▶︎メドキャリは色んな人に愛されていた

今回のイベントは、7人の登壇者の皆さん( 石見 陽 (Yo Iwami)さん、Tak Shigaさん、村本 耀一 (Yoichi Muramoto)さん、田 真茂さん、吉備 悠理 (Yuuri Kibi)さん、Haruka Tarumiさん、川越美知代さん)にご登壇いただきました。

登壇者の皆さんの言葉にこもったエネルギーと説得力。
やってみようか、どうしようか、と迷う私たちの背中を強く押してくださいました。

こんなに頑張って、失敗して、それでも這い上がって、今をキラキラ生きている先生方の存在は、私たちに勇気を与えてくださったと思います。

そして、4つの協賛団体様( メドピア株式会社(MedPeer, Inc.)様、MED AGRI CARE様、株式会社メディックメディア(医学)様、inochi Gakusei Project様)には大変お世話になりました。

将来のキャリアに悩む私たちに、具体的な次の一歩を示してくださいました。

登壇いただいた7人の皆様、ご協賛頂いた4団体の皆様、三連休の最終日にもかかわらず足を運んでいただき本当にありがとうございました。

▶︎会場の雰囲気を作ったエネルギー

また、参加者の皆さんにも本当に感謝です。
イベントを盛り上げて下さったのは、間違いなく参加者の皆さんのエネルギーでした。

疑問をぶつける、気になったら繋がりに行く。
全ての皆さんの積極的な姿勢が、イベントの価値となり、運営のやる気になりました。

▶︎「疲れたー!」より、「次どうする?」

そしてイベント終了後に、3時間にわたる反省会兼打ち上げ。

会話の内容は、「やりきったー!」というより、「次はどうやればもっとうまくいく?」をひたすらすり合わせました。

一番学び、成長しているのは運営メンバーであると胸を張って言えます。

▶︎メドキャリの未来を考える

今後私たちに必要なのは、
メドキャリという団体の未来を、メンバー全員が自分事として語れるようになること。

なんとなく運営するのでなく、こういう未来を作る、というビジョンに向かってひた走れるようになること。

そんな団体を作ることが現メンバーの役割だと感じました。

もうすこし、いやずっとかな? 梅田 知樹 (Tomoki Umeda) のあとに続きながら、長く成長する #メドキャリ であれますように!国試の中みんなを引っ張ってくれてありがとう!頼れるリーダー。

そして運営のみんな!

梅山 翔平 (Shouhei Umeyama)、国試の中準備ありがとうございました!

Nakayama Hiroto、数字に強いひろとにお金周り任せてよかった!

Yumi Sudo、ゆみちゃんいなかったら、広報成り立たなかった!写真にパネディスにありがとう!

金井 綵音、気を利かせて、しおりから印刷物周りまで全部やってくれて嬉しかった!

藤本 一希 (Kazuki Fujimoto)、反省会でメドキャリの次のステップを示してくれてさすがだった!

次も頑張りましょう〜!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。